第116話 ナンバー1を目指す

もし社長の会社が業界ナンバー5位なら、どこを目指しますか?

 

まずは一つアップさせて4位

 

もうちょっとがんばって3位

 

それとも・・・・

 

 

ちょっと頑張れば4位はいけるかも?

 

ちょっと頑張って4位となると、カイゼンで取り組むことも今までと大して変わらないでしょう。

 

そんなことでは、逆に6位、7位が一気に追い抜いてくるかもしれません。

 

 

思い切ってナンバー1を目指す。

 

業界ナンバー1のリードタイム

 

業界ナンバー1の在庫回転率

 

業界ナンバー1の生産性

 

そして業界ナンバー1の売上高、業界ナンバー1のシェア、業界ナンバー1の利益率を目指しましょう。

 

  • ●政権下、ある議員が

 

「ナンバー2じゃ駄目なんですか?」

 

と言いました。

 

でも、ナンバー2じゃ駄目なんです。目指すべきはナンバー1であって、その結果がナンバー2なら、再度ナンバー1を目指して頑張るだけです

 

ナンバー1を目指すのか、ナンバー2を目指すか、で取り組むカイゼンも大きく変わってきます。

 

今までやったことも、考えたこともない取り組みも出てきます。

 

そうすればリードタイム半減、在庫半減も可能です。

 

どうせ目指すならナンバー1を目指しましょう。

 

でもいきなり業界ナンバー1は飛躍し過ぎと思われるのであれば、まずは小さくともナンバー1を目指しましょう。

 

業界ナンバーワンとはいかなくても、その業界で地域ナンバーワンを目指す

 

そののちに、日本ナンバー1、世界ナンバー1を目指す。

 

社長の会社もナンバー1を目指してみませんか。