第118話 カイゼンで働き方改革

「これからは残業時間が多いことは個人評価のプラスとしない!」

 

この社長の一言が残業減らす第一歩と前回お伝えしました。

 

すると、こんな質問のメールをもらいました。

 

「やらなくてはならない仕事が多過ぎるです。いったいどうしたらいいんです?」

 

と社員から言われたらどうしましょう?

 

 

もし、全社員の仕事が多過ぎるのであれば、人手不足です。

 

しかし、全員が忙しいのではなく、仕事が多過ぎる人と余裕がある人が混在しているケースが多いのではないでしょうか?

 

そんなときは

 

仕事を抱え込んでいる人をあぶりだし、

 

その人の仕事の一部を他の人に任せることです。

 

そうは言っても簡単にはいきません。

 

そのためにはカイゼンが必要です。

 

仕事を抱え込んでいる人のあぶりだしには、仕事の見える化

 

他の人に仕事を任せるためには、仕事の標準化

 

が必要です。

 

ムダな仕事を無くす、作業の効率化を図ることもしなければなりませんが、それだけでは駄目です

 

「仕事の見える化」と「仕事の標準化」これができれば、確実に残業が削減できます。

 

社長の宣言の後のカイゼンのアクションを起こしませんか?